山渓遊びブログ 渓流釣りと採集

山渓のアウトドアライフ

渓流魚の放流について

内水面に関する情報

 

水産庁のHPから。

ページの下の方に、渓流魚関連が多く出ています。

渓流釣りが趣味の方には、ご一読頂けたらと。

 

 

各所で話題になりますが、放流をしても、実は魚はさほどに増えないことが分かってきているようです。

以前は稚魚を放流すれば、自然に近い育ちをするもの、と言われていましたし、私もそう考えていました。

実際では、放流魚は定着率、繁殖率ともに低いことが示唆されています。「低い」だけならまだ良いのですが、悪い方に転ぶと、天然魚を減らす可能性も。多量に放流すれば魚は増えるほど単純ではないらしい。

 

河川を管理する漁協は、職業漁師の集まりではなく、主に游漁者、つまり釣り人に対応しています。

釣り客は環境面、アクセス、周辺事情など、色々な要素を勘案し、行く価値があると感じた河川に行きます。中でも「魚が釣れるかどうか」は外せない理由。

 

放流量が増えても自然に繁殖する魚が増えないことが分ってきたのであれば、資料にあるように禁漁措置をある程度取って自然繁殖を守るなど、方策は示されています。

割り切りで釣り客のニーズを優先するのも一案で、C&R区間の設定や、成魚放流はこちらの方向性でしょう。

 

漁協には対象魚種を増殖する義務が課されていて、何もしないで放置と言うわけにはいきませんからね。漁場管理は大変だろうと想像します。

ある渓流では稚魚放流のみで、その数は多いとは言えず。でも魚が少ない感じはしません。

何故かなと思ってましたが、あれで漁協の管理は良かったのですね。天然魚の繁殖が良好なのでしょう。

 

養殖場の継代魚を放流し続けている河川も見ます。

養殖業者の方には申し訳ないのですが、あまりに自然河川の魚と形質が離れた個体は、正直いかがなものかと私は思っています。それらが定着・繁殖力が低いとなれば尚更。

しかし近年、養殖場の努力により、天然魚と見紛う放流成魚も現れました。

親魚、発眼卵の放流なども増えてきて、河川で上手く育つことを期待したいところ。

 

 

個人的意見としては、魚の地域ごとの固有性を守りつつ、一般の漁場では多くの釣り人が楽しめる、そんな管理が理想。

釣りたいから釣りをするのは確かですが、天然渓魚の繁殖の持続性を大事に考えたいと想っています。

釣りで身体に起きていること

「目を輝かせる」とは、

やる気があり、張り切ること、あるいは希望に満ち溢れているさまなどを意味する。 

 

根拠があるそうです。

人は興味のあるものに触れると興奮し、交感神経の働きにより瞳孔が開く。眼球自体は光を放たないが、黒目の部分は光の反射が大きい為、「目が輝いて見える」 ・・とのこと。

目がキラキラしてる、とは感覚表現じゃなくて、本当らしい。

 

子供の目がそう見える理由が良く分かります。

幼子は経験が無いので、何が危険で何が安全かを知りません。

なので何を見ても「目を輝かせて」情報収集しようとする。好奇心旺盛なのは、本能ですね。

 

その後様々な経験をするうち、好奇心の対象を絞るようになります。つまり自分にとっての好き・嫌いが作られていくという事。

何にでも意識を向けるのではなく、好きなものに集中し、その際に目を輝かせる(目がギラつく、とも言う・笑)。

体はこの時に心拍数や血圧が上がるなどして、起きる事態に対応しようと準備をしています。

 

渓流釣りでは危険もあって、落石、増水、滑落、野生獣などなど、不安要素が沢山。

何処にいるのか分からない魚を探し、いつ出ると知れない大物に期待し。

狙いの魚がハリに掛かれば、音が聞こえない、暑さも寒さも感じない、緊張・興奮状態に。

無事に取り込めたら、感動と安堵感で、幸せに浸れる。

 

大型魚が掛かった時の状態は分かり易い。そのドキドキ感は釣り人はご存知だと思います。

英語では「FIGHT」ですし、世界各地の言語で釣り魚とのヤリトリに「闘い」の意が使われるのは、感覚が共通だからでしょう。闘うためにアドレナリンが出てるのですね。

もっとも私の脳内は、魚が掛かる前から軽度の興奮状態ですけど(笑)。

 

こうした状態を「快楽」と感じるのは、ドーパミンの働き。「脳内の快楽物質」とも言われてます。

ドーパミンは運動調節、ホルモン調節、快の感情、意欲、学習などに関わる、だそう。

 

ドーパミンは難易度の高い目標を達成するなど、「真っ当な喜び」を感じる時に大量に放出されている。

この一文が、渓流釣りの一番の興奮(喜び)を表してるように思います。

 

 

理屈はともかく、「目が輝いてる」人は生き生きしてますよね。つまり心が健康で、意欲旺盛。

逆の表現で「目が死んでる」等がありますが、こちらは生気の無い、うつろな様を言います。

同じ日々を過ごすなら、目を輝かせていたいな、と想う次第です。

 

心地良い胸の高鳴りを感じながら楽しめていると、それが目にも、体にも現れるのは確かなようです。

「目は口ほどにものを言う」のですね。

居着き型メスアマゴの生態

繁殖期が近付くと、アマゴはほぼエサを食べません(特に大型)。

メスのサケと同様、鮭科鮭属のアマゴは腹一杯に卵を抱き、内蔵は圧迫されて収縮しています。食べない、ではなく、食べられない、が正しいかも。

サケを捌いてイクラを取り出すシーンでは、卵以外の内蔵は殆ど見えませんね。実は卵塊の裏側に、ペタンコに縮んだ内蔵が付いています。

アマゴもサケ同様に産卵後は斃死する性質上、食べる必要が無いとも思えます。

アマゴは繁殖期に雌雄がペアになります。この際、雌雄は役割が違います。

 

産卵床を造り、守るのはメス。

・尾鰭で川底を掘り、卵を産む準備をする。それで尾鰭は砂利で削れて欠損します。

・産卵後は卵が流されないように、傷付いた尾鰭で砂利をかける。

・しばし産卵床を見守っていますが、これは他のペアにそこを掘り返されない為。そのうちに力尽きて、流されていきます。

 

ここまでが繁殖行動で、体力を使い果たすのですね。大型個体、遡上系個体は、このまま斃死。

ところが、陸封の居着き魚には、生き延びる個体が居る。

 

流されるうちに、流れの弱い淵底などに行き着いた個体は、ジッとして動きません。尾鰭が欠けて遊泳力が落ち、産卵で体力を使い果たし、しかし生きている。

 

目の前に流れてきた、僅かなエサを啄みつつ冬を越し。

縮んだ内蔵を復活させ、欠けた尾鰭を再生し、流れの中を泳ぎ出します。

そして更に成長し、再度卵を抱き、秋の産卵に向かう。二度目の繁殖行動後、今度は間違い無く斃死します。

 

陸封の歴史から、2回目の繁殖行動を獲得したわけですが、1回目の産卵から回復までが、過酷です。

尾鰭の傷は痛々しく、強い流れは厳しいでしょう。しかも産卵は秋で、エサが少ない冬が来るのです。

幸い、渓流域の冬は雨でなく雪が降るので増水は為難く、泳ぐ力が落ちても生きられるのですね。

 

 

 

少し話題を変えて、イワナについて。

イワナは元々複数回、繁殖行動をする魚。

しかし何故か、尾鰭が欠損したメスイワナは、あまり見ません。多少傷があるくらいです。

 

以下、私の想像。

イワナは厳しい環境の源流域にも棲息し、一個体が複数回産卵することから、行動が遺伝的に産卵後も生き延び易くなっていて。

対してアマゴは元がサツキマスで、一回産卵の遺伝子なことから、産卵後に生き延びるようになっていないのではないか。ゆえに産卵後は疲弊してしまう。

良型ほど生き残り率は低いと思われます。それはあまりにも遭遇数が少ないという私の経験上の判断(腕前不足かもですが)。

 

私の想像はともかく、メスアマゴの一部は年を越し、3年目を生きます。(遡上型の多くは二年魚)

 

春先では回復し切っておらず、傷のある鰭、痩せた身体、くすんだ体色。

それを見てどう感じるかは、釣り人により分かれるところかも知れません。

私はコンディションの良い魚体が釣れたら嬉しい。

ですがこうして逞しく冬を越す魚もまた、その生態の一部。

 

この記事の一枚目の画像が、初夏に出会った回復後の個体です。

2度目の繁殖の秋に臨む魚の生命力に、いつ何度出会っても感動を覚えます。

良し・悪しの比率

パレートの法則によると、人のやることは、8対2の比率なんだとか。262の法則とも言いますね。

全体の中でも、優秀な人は2割、売れる商品は2割・・等々。

良いことが2割、良くないことも2割、可もなく不可もなしが6割。良いこと・良くないことがあると、中6割がそちらに引っ張られる、らしい。

良いことが増えるとそれが均され、上2割が3や4にならなくて、中6割に吸収されてると。

確かにそうかも。さすが「法則」と名付けられるものですね。

 

 

これを釣りに当てはめると。

良い印象が2割、悔しい・残念も2割。

正確に2割かどうかはともかく、やはり正しい気がします。

釣りでは必ずしも、「良く釣れた」と「楽しかった」が完全に一致しないと思うのです。「≒」みたいな感じで。

 

私だと思い出に残る釣行と言うと、案外と厳しい時の良い魚との出会いが上がって来るんですね。その次に大型が連発した時。

 

つまり中々起きないことが起きると上2割入り。

ジャンジャン釣れたら嬉しいのですが、その時かその前に、ちょいと苦節があった方がよいみたい(私の場合は、です)。

 

 

でもこれ、示唆としては大事で。

急な大雨とか、道具破損とか、大物バラしたとか、嫌な下2割は勝手に起きるのですが、上の2割は努力しないと起こりません。

上を拡充すると、下が気にならなくなります。中6割が引き寄せられるのですね。

結果が出ない、釣れない日はシンドいです。

その時の意識は下2割の方に中6割が取り込まれていて、それが狙いの魚が獲れた瞬間に逆転、苦労した2割など忘れて舞い上がります。

そしてしばらく余韻に浸れる。私は良い魚と出会えたら、その後2~3週間はずっと気分良いです(笑)。旅行から帰ったときに似てますね。

 

ボーっとノンビリ過ごすことは全然良いと思うのですけど、それ自体には刺激がありません。良いか悪いかで言えば「良い」でも、記憶に残り続けることは多分無い。

余程に忙しい仕事の後とかなら別かもですが、それは「大変なことの後」だから。

 

渓流釣りが良いのは、適度にキツいからかもしれません。

面倒も苦労もあるから、それを超えることが喜びを大きくして、上2割を作っている。

この記憶があるから、あるいはまだその経験が無くても期待や羨望があれば、面倒な努力が楽しめるのじゃないでしょうか。

渓流釣りでの錯覚

渓流で同じポイントを、右岸・左岸、立ち位置の高・低で見てみると、印象が大分違います。

対岸側になると、狭く見えても広かったり、緩流なのに波立って見えたり。目線が水面に近付く&距離が離れるほどに、角度の関係で間違えるんですね。

実際の幅より狭く見えるのは、主に距離と目線の入射角の問題(多分)。

緩流が波立って見えるのは、手前の波立ちが先に見えているから。手前も奥も水なので、どこまでが手前で、どこからが奥か分かり難い。良さそうな流速と思しきポイントが、実はカガミのような流れかも。

これらはまさに錯覚。

 

 

角度と言えば、光の屈折も見逃せないところ。

水中の様子を視認出来ても、案外と距離と位置のイメージが実際とズレます。

魚が掛かった時、水面上のイトの延長とは違う位置に相手が泳いでいるように見えたり、意外なところで根掛かりしたり。

水面を境に光が屈折していて、錯覚を起こすのですね。これは立ち位置もですし、水深によっても間違います。

その水深も透明度が高いと、実際よりかなり浅く見えるのです。

仕掛けを送りこんだ際、自分が思ってるのと位置違いになる事は凄く多い。

これは目の錯覚+技術力の問題もあるのでしょう。

 

私の感覚だと、ズレが大きくなって補足し難いのは、水深が1・5Mを超えたあたりから。

これは感覚的なものだけでなく、仕掛けを操作する、技術的な難易度が上がるように感じます。なので、より間違い易い。

技術力不足は何度もトライするとして。

その前に、水深と水流を読み違えていると、やってることがどうなのか、判断し難いです。というか、私は困ってます・・。

錯視を釣りで補正するなら、思い付くのは。

まずは見た目の判断を疑うこと。ポイントの幅、水深、水流が想定と違うと仮定してかかることですね。

それで打つ位置、流しを調整し、立ち位置を変えて目視しつつ更に検証し、仕掛けから伝わる感覚を確かめる。と言ったところかな。

感覚の判断通りに釣って、魚が取れれば問題なしですけど、スカされた場合は釣り方の前に、狙い場の決め方が誤ってるかもしれません。

 

美しい流れは見ていて気持ちが良い。

しかしその水は錯視の宝庫で、釣りには中々に曲者です。

 

印象深い釣行と釣果

時間が経過しても色褪せない、残り続ける記憶。

画像・映像の保存で、出来事を思い出し易いことを勘定しても、中でも強く感動したシーンは良く覚えています。

 

過去を思い返すと、釣果までの過程も含めて、印象に残るのが必ずしも大物とは限りません。

でも嬉しさを強く感じるのは、小より大。これは確か。

 

 

成果として。

 

・達成感、満足感

レコードサイズとの遭遇、目標のクリアなど。

過去最大魚ともなれば、何処の河川のどんな状況でも嬉しい。

それと自身の設定があり、長年追い掛けるものもあるし、「今月」とか、「今シーズン」とか、期間を絞るもの、あるいは「この河川で」「この地域で」「このポイントで」なども。

何かを突破したら。魚を取り込んだ瞬間、吠えます(笑)。身震いする、笑い出すなど、体が勝手に反応してしまう。

そして求めていた魚に出会えたことで、暖かい安堵感があります。

 

 

過程として。

 

・緊張と焦り、興奮

魚が掛かってから獲るまでに、「ヤバい!」場面があります。

荒瀬に紛れ込まれる、川の中で転倒する、竿が伸される・・こんな時は大抵、魚がデカい。

何とか体勢を立て直し、再度ヤリトリが始まると、もう心臓はバクバク、膝はガクガクして、みっともない位に緊張してる自分が居ます。

ヤバくなるのは、こちらが不利な体勢だけでもなく、単に相手がデカくて、パワーとスピードに驚かされてる時もそう。

想定の範囲外の出来事に焦らされ。「焦るな、落ち着け・・!」と私は呪文を唱えます(笑)。

相手が強く、速く、重い。そんな魚が掛かった際はアドレナリン出まくりの興奮状態。

 

・意外な驚き

「まさかこんな時期にこの場所で!」「こんな釣り方で!」「しかも連発!」

目から鱗と言いますが、自分の予想しなかった出来事と出会う時。あるいは「もしかして」で試したことが当たった時。

自然の成すことには例外が常にあって、自分の思い込みが破られると、新鮮な発見が出来た感覚になります。

 

・厳しい時の焦れ

良いポイントに見えるのに全然反応がない、魚を掛けてもバラしてしまう・・そんな日、そんな時間帯に当たることは多々。

「何故だ???」と散々考えて、思いつく限りに手を打っても、釣れない。これはメンタルに来ます。この状況が続くと尚更。

そんな時に、渓からのご褒美なのか何なのか、ドカン!と良型が出た時の喜びはもう、言葉に出来ないほど。

時期的なものとか、あるいは魚が非常に薄い河川とか、色んなシチュエーションがあり、その厳しさをクリア出来た嬉しさ。

心折れたら、そこで終わってしまいます。諦めないのは大事ですね。

 

 

・プラスα

私は渓流釣りの最中にも、採集物を探しています。河原にほど近いところに、山菜やキノコの群生地が見付かったりすると、それはもう、嬉しい。好物の種や、レアものだったら、「うぉ!!」って声が出るほど。

私は元々水と景色の美しさに惚れて山渓に入ってますので、素晴らしい渓相や透明度高き水色に出会うと、喜びが嵩増しされます。

仲間と釣りに出るのも、単独の時にはない楽しみがあります。釣れたバラしたと笑い、釣りを語り合うのは良いもの。

私は親子で釣りに行くことがありますが、私が釣らなくても、息子(現在高3)が良い釣果を出せば、自分のこと以上に嬉しい。

 

↑息子が釣った魚

 

良い条件の時にバンバン釣れれば、それは楽しい。ですがその時は一尾一尾の印象が薄れがちです。

良型が連発するなんてことが稀に起きて、そんな日は「よく釣れた日」として覚えています。

「めちゃくちゃ沢山釣れて、凄く良い魚も獲れた」となれば最高ですね。・・私には中々無いですけど(笑)、滅多に無いから、それを起こしたい。

 

時間と労力を費やした度合いが、良い結果が出た時の喜びの大きさと比例するんですね。

相手が手強いほどに、獲り損なう失敗も付き物で、悔しい目を何度も見ました。

 

魚を釣り上げることで、自身の釣りが一段階進歩した、そんな手応えが得られることもあります。

知らなかったことが分かり、出来なかったことが出来た。そんな向上実感できる釣りシーンで出会えた魚は忘れられません。

 

苦労するほどに、それに意外であるほどに、その釣果と釣行は深く記憶に刻まれる。

良い意味でレアな出来事を体験できると、凄く嬉しい。なるべくなら、焦らされるのは勘弁願いたいですが(笑)。

何度思い出しても、その情景が鮮やかに蘇る、そんな釣りが理想です。

山菜キノコ採集と渓流釣り

渓流釣りと採集は、意識的に似ています。

どこが?と言われそうですけども。

 

私が採集をしてる時の頭の働き方は、渓流釣りのそれに非常に近い。

時期と条件を考え、地域を選び、行った先で好場所を探し、次を予想し。効率よく獲物を探すための思考は、対象物が違っても殆ど同じ。

それに両者はフィールドが重なるので、自然観察がしたい私には好都合でもあります。

 

採集物と渓流釣りの関連性について

 

・植物類(山菜)

少し例示を。あくまで目安で、絶対ではないです。

 

残雪が残る時期、フキノトウやワサビが顔を出します。この時は水温気温共に低く、渓魚はまだ活発に泳がない個体が多い。

時期が進むとコゴミが出て、この頃は雪代期で、魚の動きが春めいてくる。本流域の魚が釣れ始めます。

ヤマウドが出始まると、遡上初期です。ヤマブドウの新芽が出る頃には遡上が本格化。遡上期はウグイの移動とも重なりますね。

「○○が芽吹いたら」は、「何処で」が大事。それで河川の「何処へ」。これらは季節進行で連動性がある(と思う)。

渓流・本流と言っても、上から下まで長大で、一斉に魚が動き出すのではないです。

植物の成長は地域・標高で差があって、里部で出始めても、奥山ではまだまだ真冬の状態だったりします。

 

また、気温が上がって出始めた新芽は、急な冷え込みがくると霜焼けしますので、気象変化の判断材料になります。

ここまでが春の山菜シーズンの大まかな流れ。

細かく刻んでいくなら、上記したもの達の合間にもっと沢山の芽吹きや開花があります。

 

芽吹きの季節以降、草木に着く昆虫類が増えて、この頃から渓魚は陸生昆虫を良く食べます。そうなると、追っているエサによっては、着き場所にも変化はあるでしょう。

 

この後は梅雨入り、梅雨明け、夏の高気温と、条件変化が起きていきます。夏の高気温の終わりごろから、ウワバミソウが実を付け、トリカブトの花が咲き、そして季節は秋に。

 

 



・菌類(キノコ)

秋のものだと思われがちですが、種類を問わなければ周年何かは発生します。でもやはり、発生量と種類が多いのは秋。

 

キノコは「子実体」と呼ばれる部分を指し、本体は「菌糸」です。

植物類と違うのは、生え始めた子実体はいつまでも残るのではなく、数日で姿を消すこと(硬質菌を除く)。タイミングが合わないと見付けられません。

キノコの中でも、長期間出るもの、ほんの一時のみ出るもの、様々です。また地域により、環境により、発生状況が違います。

 

条件変化に非常に敏感なので、発生の状態を観察すると、気温が上がったのか下がったのか、水分量が多い少ないとか、色んな状況が見えます。

真夏のキノコは気温上昇と降雨で出てきて、朝晩の気温が下がると朽ちて出なくなります。そして秋のキノコに代わっていく。種別にこうした傾向を知ると、その日その時の気温や天候で量れない、季節の移ろいを見付けられます。

 

水温が上がる・下がるは、季節により渓魚の動きを変えます。夏の高水温からと、春の低水温からでは、意味が違うのです。

気温の上下で地熱が変わることが、キノコの発生に影響して、地熱の変化は水温の上下に影響する、だろうと。

 

このような条件の変化は、渓魚の動きを予測するヒントになる。

それには同日に場所違いで幾つもの種を観た方が良く、標高を変えての観察も有効だと考えてます。ただ菌類は植物類より難解で、私ではまだ、僅かなヒントを探すのが精一杯。

 

 

時期的条件以外でも、植物類・菌類の観察をすると、地形が重要になってきます。

水や風の通り道が見えると、それは発生環境と大きく関係していますし、地表に見えない水道でも地下水が通っていて、河川の合流が見付けられたら、魚の着き場になることもあります。

 

また、釣りの最中に河原から見上げる山と、山から見下ろす渓流では、イメージがズレることは多いものです。こうした意識が向くことは、視点が複数化し、プラスだと感じます。

 

釣りのことだけに集中した方が、話が早い気もしますが、回りくどいような、こうした考察の構築は、とても面白いです。

 

冒頭のように、渓流釣りと採集は頭の使い方が似ているので、思考トレーニングの要素があると思っています。

山渓が好きで、採集は欠かせない楽しみ。ですがやはり私は釣り人で、一番の楽しみは渓魚との出会い。

その出会いのヒントが採集物から見付かると、その釣行は満足度がとても高いです。