山渓遊びブログ 渓流釣りと採集

岐阜県から 山渓アウトドアライフ

遡上魚追跡と山歩きの喜び

私の釣行日(休日)は最近、雨率が高め。

初夏の降雨増水は、年により、また場所により、渓流釣りにプラスorマイナスの影響があります。

水源地の山が高いと、降雨で融雪水が入り、この時は大体マイナス。積雪量と雨量次第なので、一概に言えないですが。

 

今年は残雪が少なめで、5月に入ってから渓魚の移動が起きている様子。何処でどう狙おうか、この追跡が楽しい季節です。

 

今回は、早朝は勢いよく降雨。

薄い濁りが入った水色で、魚たちの反応はまずまず良好。この雨はプラスに働いたっぽい。

早朝は雨の中、瀬も淵も良く。流れの緩みよりも、流芯近くのポイントが好反応でした。

 

ところが雨が止み、陽が差し始めたら、あからさまに渋くなりました。どういうコト?なのかな。

それとバラシが多くて。

ハリ? タイミング? 釣り方?

上手く釣れない理由を探すのは大事ですが、「それでどうするか」を探すのはもっと大事。それが難しくも面白いところです。

 

強い流れから、ガツッ!と。

良いね。ありがとう、出てくれて。

 

下の瀬に入られて、運動会(綱引き&かけっこ・笑)。

釣りは魚とのヤリトリ中に緊張と興奮が高まるほどに、取り込めた嬉しさが増しますね。

 

この一尾に出会い、一考。

私見では遡上型(残留型シラメでない、の意)。今時期、どのへんまで遡ってるだろう?

まだ早いかな、なポイントを探ってみました。

 

居た。

狙いは正解でした。

やはり流れの強い場所から反応します。

 

ってコトは。

瀬続きのポイントか、あるいは強い流れ込み周辺が熱い。

と、考えてみても、そこからしばし空振り続き。どうも思い通りには行かないね・・。

 

ここならどうだ!のポイントから、何とかもう一本。

水中でギラギラと反射する魚体が美しい。

 

雨が止んでからは渋かったのですが、それでも良かったのは淵より瀬でした。

良い感じの深みからは小型魚ばかりが反応して、これまた何でだろうか?

いや、それより。「ここで出なきゃウソでしょ」な場所でも空振りしたりしてました。きっと何かが足りてない。それは何だ?って、そんな事ばかり考えます。

 

ウド

そろそろ終盤になってきました。これは私の好物。

 

ユキザサ

画像では分かり難いですが、太く大きいです。

もう少し早い時期に来れば良かったな。

 

イタドリ

酸味の強い野草ですが、先端の天麩羅は酸を抜かなくても結構美味しい。

軸は茹でて水に晒し、酸味を抜いてから調理します。が、私はあまりやらないですけども。

 

ヤマブドウの芽

これまた天麩羅が美味しい。

イタドリと同じく酸味があり、これは抜かずにそのまま調理します。

 

右も左も、今時期の山渓は心惹かれるものたちがイッパイ。

新緑が眩しく、空気の澄んだ山には、そこに居るだけで幸せを感じます。暑くも寒くもなく、黄緑色の木々の隙間から漏れる陽光が綺麗。水は冷たく、でもそれが心地良い。

個人的には朝陽の時間帯の景色が好きです。

 

綺麗な景色の中に身を置きながら。

どうしたらここから魚が釣れるかと考え。

でも河原の植物にも目が行き、何に集中してるのか、自分でも良く分からないですが、その時間がとても楽しい。

 

渓魚の動きは活発で、しかし手強くもなってきました。

楽しませてくれる自然に感謝です。

 

 

シラメの考察

アマゴ域で渓流釣りをしている私は、「サツキマスの仔」と言われるシラメには、行動・性質に興味をそそられます。

 

 

パーマークがクッキリと浮かぶ、通常?のアマゴと、白銀のシラメが同種の魚だとは、渓流釣りをしない人からは思われないかも知れません。でもこの両者は間違いなく同じ魚。

何がこの両者の姿を分ける要因なのか。そこは魚類学に任せるとして。

 

シラメに関する論説は多々出ていて、私も過去幾つも目を通しました。

私は中部圏のアマゴ域で、実際に釣ってみた体感と、世の論説を合わせて、渓流釣りでこの魚に出会う際、毎回色々な事を考えます。

 

シラメの中にも、パーマークが消失した白銀のもの、角度を変えるとパーが見えるもの、その濃淡にも個体差があります。

一説には「本来のシラメは完全な白銀で、パーマークが残るものは”銀毛アマゴ”でシラメではない」のだとか。←これに関しては、私は未だスッキリ落ちていません。「限りなく白銀、でも微妙」とか、「パーマークはあるが、角度によっては銀鱗」みたいな、どうとも見える個体が居ますのでね。

アマゴと比して、シラメは背鰭先端がツマグロと呼ばれ黒くなり、胸鰭の黄色と尾鰭の橙色が薄まり、尾鰭が切れ込んだシャープな形に変ります。ところがアマゴのような特徴をヒレに残した銀毛が居て、完全に区分するのが難しい。

また産卵期になると、アマゴ型とシラメ型では婚姻色の出方が違います。

 

銀毛のアマゴは、早く大きくなりやすいみたいです。

何故なのかと思ってたのですが「シラメの成長が早いのではなく、成長が早いアマゴが銀毛化し易い」との説を知り、これに一票入れてます。

 

下降するアマゴは豊富な水量と餌のある水域で大きく成長する。しかしその水域では水温が高くなりやすい事、生まれた稚魚の成育には不適な環境であること等から、上流域で生まれ、産卵期前には元居た渓流に戻ってくる。

 

サツキマスになる準備として、白銀の魚体に変化するアマゴ。以下、私の考察。

 

河川上流部から下流域、果ては海へと向かう下降は、秋に始まります。

これには個体差があり、早い時期に下流に降りるもの、中々降りて行かないものが居るらしい。シラメ化する時期にも個体差がありそう。秋以降は禁漁期で、実際に釣って観察できませんけどね。

秋に下降しないと冬が来て、川魚は淵底などで静かになる。下降準備をしたシラメも同様で、翌春に渓流域に居るシラメは、前年秋に下降しなかった個体だろうと。

シラメ化が遅れたのか、冬が来てしまったのか、それは不明。

 

春に出会うシラメはやや小振りで、小型~尺くらいまでのサイズが多い(稀に大型も)。

中小型のシラメたちは、梅雨頃にはほぼ姿が見えなくなります。多くは遅れてでも下流に降りているのだろう、と想像。おそらく下降するのは、降雨の増水時です。

遅れて下降するシラメの代わりに、初夏頃には前年に下降したシラメの遡上が始まります。こちらは河川残留した個体より、一回りも二回りもサイズが大き目。タイミングとしては、ユキシロが落ち着き始め、地熱が溜まり、水温が安定する頃。初夏から梅雨時期頃までは、残留型と遡上型のシラメが河川内に混在している状況。

遡上は一斉に始まるのでなく、個体差で初夏から順々に起こります。下降と遡上のタイミングの違いは成長過程にも現れるはず。年越しの下降魚がいつ戻ってくるのか、その辺は分かりませんが。産卵時期にも影響はありそうで、このズレにも意味があるのだろうと考えています。

遡上時期や成長と関係があるのか、鱗の細やかさ、剥がれやすさ等々、体表に差異があるのも興味深いところ。

 

随分前の事、初めて長良川のシラメを釣った時は、その美しさに見惚れました。パーマークの綺麗に並んだアマゴとはまた違う、自然の魚の姿。

 

ダム等があり海まで行けなくても、シラメ化するアマゴは各所に居ます。これらは遡上・下降の阻害物が無ければ海に向かう魚かも知れないですが、現代の河川環境で適応した渓魚の一形態なのだろうと。

私は釣果も大事ですが、観察対象としての魚の追跡にも強い好奇心を持って臨んでいます。

 

雨降りの山入

夜のうちから、結構な降雨。

久しぶりの雨で、早朝に見た河川は微妙な濁りが。

何て言うか、泥ではなくて、川に溜まった汚れが流れてるような?

 

そこはパスして別河川へ行ったら、やや濁ってるものの、先の河川ほどでもない。

でも水色からして、このまま雨が続けば濁るだろう、な感じ。足場の良いポイントでちょっと竿を出しましたが、案の定、濁りが強くなってきました。

こうなると、また川変えもアリなんですが、今回は所用もあって、時間的にそう自由に動けない。

7~8寸クラスのアマゴとイワナがぼちぼち出てくれましたが、核心部は入れず終いで、釣りは止め。

 

コシアブラ

 

釣りは諦めても、山がありますからね。ちょいと行き先変更です。

 

モミジガサ

 

これ、私の父の好物。

実家に行く用事もあって、丁度いい。

先だっては母の日、来月は父の日、日がズレますけど、両親に山菜をプレゼントしようと。

 

コゴミ

 

私の行き先周辺だと、これが最終くらいですね。

最終盤のコゴミは太くて大きなものが出ます。

 

ハリギリ

 

これも私の行き先では終盤。

収穫適期が短い山菜の一つですね。

 

ヤマブドウの芽

 

酸味があり、天麩羅にすると美味しい。酸味系の野草の中では、私は好きな種です。

これが出始めると、春山菜が終わりに近づきます。

 


それにしても・・カメラに雨滴が着くし、光量不足でボケるし。

雨天は撮影自体が億劫になります。

 

まぁ、今回は用事もあるし。

やや消化不良な休日でしたが、また次週以降に釣りも楽しみたいと思っています。

 

自然環境と触れ合いに行くメリット

 

定期的に自然の中で過ごすことで得られる精神的な健康と幸福は、裕福な人よりも貧しい人のほうが大きい。

所得の多寡による健康格差を緩和するのに、自然が役立つ可能性があるとの研究結果を、オーストリアウィーン大学ウィーン天然資源大学(BOKU大学)が発表した。毎週自然と触れ合うことと、心身のウェルビーイング(健康と幸福)との相関関係は、高所得者よりも低所得者のほうが強いことが判明したという。

この恩恵を得られるのは、積極的に自然環境を訪れたり自然と触れ合ったりする人のみで、もともと緑の多い環境に住んでいる人では効果が確認されなかった。つまり居住環境よりも、自然の中で野鳥観察やガーデニング、写真撮影、ハイキング、フリスビー、サイクリングなど何らかの活動を実際に行うことが重要なのだ。

 

へぇ~・・

渓流釣りを趣味にしてる身としては、「何らかの活動」してることになりそう。

「貧しい人の方が」には、ちょっと引っ掛かる気がしますが(笑)。貧しいとは、どの程度を言うのかな。

 

 

「エコセラピー」は、ストレスレベルの低下、免疫機能の向上、認知能力の改善、睡眠の改善、自尊心の向上、人生の満足度の向上に効果がある。

これは感じます。

私は軽度の睡眠障害を持っていますが、渓流釣りの解禁期間中(特に春以降)は睡眠薬の出番は少ない。主に12月~1月、山渓に入る時間が少なくなる時期、睡眠が不調になることが多いです。

それ以外も、人生の満足度の向上は間違いないですね、私的には。

 

緑地や水辺の質を何が定義するかといえば、まずは魅力的かどうかだろう。魅力的な環境であるほど自然とのレクリエーション的な触れ合いが増え、緑地や水辺が近所にあることよりも精神的な健康と幸福に重要だと考えられるとする科学的証拠も複数ある。人によって魅力的な自然空間の種類も異なる。

 

水と景色の美しい渓流域は、ここで書かれている「良質で魅力的な緑地や水辺」はクリアしてると思います。

 

この恩恵を得られるのは、積極的に自然環境を訪れたり自然と触れ合ったりする人のみ

本文で目に留まったのはここ。

この論考が正しいのなら、自然の中に遊びに行くことに興味がない人には、効果が無い、のですね。自然環境に身を置くことは、それだけで誰にも好影響はありそうな気がしますけど、やはり興味が無いとダメ、なのかな?

 

私は渓流釣りをやっていて「幸せ」は感じています。それはその環境面にも、渓流釣りの行為そのものにも。

本件に関しては、私が好きで山渓の自然を楽しんでいて、心当たることが書かれてるように思いました。

 

楽しく・忙しく、山渓満喫

今年のGWは雨が降らず、河川は渇水気味。昨年は水辺に近寄れないほどの増水が来たのですが。

連休最終日、気温は高め、植物類はガッツリ成長してるはず、と言うことで早朝から山へ。

 

ミヤマイラクサ

 

コゴミ

 

ハンゴンソウ

 

ウルイ

 

ハリギリ

 

コシアブラ

 

ウワバミソウ

 

バイケイソウ(毒)

 

この時期ならでは、色々な野草の芽吹きに出会えます。その中から好みの種を探す感覚は、目的の魚を求める渓流釣りに近いものがある(と思います)。

 

今回の本命はヤマウド。

そろそろ今年のピークになる、と予想。ピークは年ごとに微妙にズレがあって、これを読むのも面白さです。

 

まず2箇所、ウドは出てましたが、想像(妄想?)したほどでもなく。

 

ちっと歩くポイントに行ったら、出てる出てる!

良かった、当たってくれました。

 

ウドの盛期は、渓魚の遡上の始まる時期と重なります。生え場の標高は結構大事。

前記事でシラメに出会えたと書きました。遡上・移動の走りだろうか?と考えていたところ。

 

小淵の深みから。

ギラギラと銀鱗の反射が美しい。「よおし、尺だ」って声に出るのですが、何度出会っても嬉しい。やはり動き出してましたね。

パーマークが消失した魚体。遡上初期はやや小ぶりなシラメタイプが多いみたいです。・・「私が大型を釣れないだけ説」はありそうだけど(笑)。

 

これも尺シラメ。このタイプが数尾釣れ、他は25cm前後、くらい。

 

渇水、連休のプレッシャー、しかし魚たちは元気でした。

春から初夏は場所によっては、渇水気味の方が魚の反応が良好なことがままあります。これは多分、渇水時は水温が上がるから+水源地の山が深い渓は、降雨増水時は融雪で水温が下がるから、ではないかと。ちなみに渇水で水温が上がると、コイ科の魚達がメチャ元気で困る事にもなりますね。

その日の気温水温も大事ですけど、前日比で上昇か下降か、それによって状況が変わる。これはその日の計測では分かり難く、しかしその推移を知るヒントが、河川周辺の山の植物類と菌類にある、と私は考えてます。

 

 

今回は釣りでは、渇水+水温上昇が良い方に働いてくれた感じ。連休明けの渓は、厳しい条件を引くと大変ですけどね。渇水・平水・増水、その程度と当日の天候も含めて、状況次第で魚の反応も大きく変わるものと思います。

 

強い引きで、大型が来たかと思ったら、スレ掛かり(笑)。このアマゴは背の黒点が少ない。

 

イワナも元気。

泣き尺サイズまででしたが、割と型揃いでした。

 

魚たちが活発な時は、釣り方の研究にも、個体差の観察にも好適。

渓魚が好反応な日でしたが、野草もこの時期ならではで、捨て難い。

 

私の場合は山渓では、渓流魚も植物類も、意識を向ける対象が増えるほどに、楽しさも増すと思っています。あっちもこっちも、見たい・触れたい・やりたい事が沢山ある忙しさは、悩ましくも幸せ。

今回の山渓はとても楽しませて貰えました。感謝!

 

活況の山渓・本流探釣

前記事からの続きで。

 

関西からの友人親子とお別れし、単独になりました。

 

友人達と一緒の際は控えてましたが、山菜がトップシーズンの今、釣りの最中も山の緑が気になる私。季節限定の楽しみですのでね。

 

とは言え、釣りも良い季節。

本流域の魚の動きが良くなっていて、あっちこっちに行きたい場所、やりたい事が多いです。

 

あるポイントの深みでまずはアマゴが。続けて狙うと、すぐさま反応アリ。

 

重量感ある、良型イワナでした。ありがとう、よく出てくれた。

凄いパワフルで、最初は何が掛かったかと思ったほど。イワナなのに走り回るし。

慎重にヤリトリし、取り込んだらハリが外れました。危ない危ない。

 

場が荒れて、もうダメかと思ったのですが、同じポイントで更にアマゴが3尾釣れ、バラシが2尾。好反応です。

 

アマゴが良い体躯になっています。

今年はどうも小振りなサイズのアマゴが多くて(私の遊び場では)、数は出ますが、サイズが上がりません。

どこかには良型も潜んでいるはず、と探るしかない。

 

嬉しかったのは、この魚。シラメです。

サツキマスの仔と言われるこの魚が、私は好き。パーマークのクッキリしたアマゴも好きですが、色々なタイプが居るのがアマゴの面白さだと思ってます。

春先から探してて、ここまで出会えてなかったのですよね。昨春は良型含みで結構出てくれていたのですけど、今年はどうも様子が違います。理由不明ですが、数が少ないかもしれません。

 

ちょうど尺サイズのイワナ

これまた元気で、走り回ります。

ちょっとした瀬の深みで、掛けた時はポイントからしてアマゴかと思いましたが、イワナでした。これはこれで嬉しい。

 

この個体は黄味が強い。

荒瀬で掛かり、力が強くて寄せるのに一苦労。イワナに具合の良い水温とか条件なのかな? 渇水気味で、川底は黒っぽくドロドロ、あまり良いとは見えないのですけどね。もっと大きかったら、ヤラれたかも。

 

 

4月末までをザッと振り返ると。

冬期は割と暖かく、しかし3月はキツい寒が戻り、4月に入ってから大雨が何度か降って河川は増水、雪が融け、一気に春を越して初夏のような気候になりました。

これらのことは、地表の植物類の芽吹きのタイミングに顕著に出てるように感じます。そして季節は、表に見えない水中でも同時進行。つまり水棲昆虫や魚の動きとも連動している。

 

気候や水況から、釣りの選択はまずは狙う区間。次に瀬か淵かという、ポイント選定。更に、流速や、深みか浅場か、頭か尻か等を探っていく。何処にでも魚は居るのですが、好反応な個体の着き場を見付けられたら、快釣が期待できますのでね。

細かな付き場は時間帯でも変わりますし、そこで必要な釣り方も同時に探していきます。

今回の私的予想は、水通しの良い瀬と、淵尻のカケアガリ。これが結構当たってくれました。

 

このところ本流イワナを追っていて、毎回とは言わずも、遭遇率はまずまず。

今回は良型イワナにもシラメにも出会え、良い釣行になりました。

 

釣友と未来の宝と

関西から友人Nが、息子のK君(中1)と一緒に遊びに来ました。

Nと私は20年来の付き合い。釣友の中で、今まで一番、一緒に釣り、話し、時間を共有してきました。

彼の言うには、知り合った時は私の事は嫌いだったそう。今更いらんこと言うなよ、と思います(笑)。第一印象がアテにならない、一例かもですね。

 

K君が幼いころから、ウチの親子とN家の親子遊びは何度も出ています。今回はウチの息子は欠席でしたけども。

 

ギリギリ桜の残る季節。

今年は気温が急上昇して、すでに初夏の様相です。雨がこのところ降らず、河川は渇水気味。水も温んできました。

 

さて、K君。

どんなポイントが釣りたいとか、事前に聞いてみました。楽しく釣って行って欲しいですしね。

K君が楽しんでくれれば、父のNも嬉しいでしょう。楽しんで貰う、と言うより、「一緒に楽しもう」が私の基本スタンス。当地に遠方から友が来たときには、一応ガイド役のつもりです。

 

朝イチのポイント。

本人の初となる、尺上イワナが!!

 

よくやった! オヤジ2人が大興奮(笑)。勿論本人も嬉しそう。

 

これは見事。40cmを少し切るくらいでしたね。中1にして、このサイズを仕留めるとは(釣法はルアー)。

ちなみにこの画像では分からないのですが、K君は手が水で冷えて、カワイソウなくらいに赤くなってました。

 

我ながらナイス・ガイドだ、などと(笑)。

 

この後もK君の活躍は中々で。

GWで釣り人も多い本流で、アマゴとイワナでツ抜けしてました(朝〜昼過ぎまで)。

 

コレは良いのじゃないかな? 渓流ルアーでこれだけ釣れたら楽しいでしょう。K君は釣りは海の方が好きらしいですが、渓流にも熱を入れてくれたら嬉しい。

今からやれば、ドンドン上手くなるハズ。次世代は大事な宝物です。

 

私ら親父チームは、7寸くらいのアマゴが精一杯でした。K君に負けてますな(笑)。

 

前夜から現地入りし、色々と話をし。BGMは瀬音とカジカガエルの鳴き声。

気心知れた友人との時間は、たまらなく良いものだと、毎回思います。

 

釣りの方では思惑通りにK君が釣ってくれて。

今一度書きますが、本流で初の尺上イワナ、しかも30cm台後半サイズに、アマゴ+イワナでツ抜けとは、初級者の中1にして立派な釣果。良い思い出になるのじゃないかと。

ウチの息子が中1の時の釣りを思い出し、懐かしく、時間が経つのはアッと言う間だ、と考えていました。次世代が育つのを見ることは、本当に嬉しいものです。

 

私の方が楽しかった。良い時間をありがとう。