山渓遊びブログ 渓流釣りと採集

岐阜県から 山渓アウトドアライフ

熊の指定管理鳥獣について

 

県は原則として、人や農作物に被害を与えたクマ以外は、捕獲しても駆除せずに人の怖さなどを学ばせて山に返す「学習放獣」を行っていて、その数は全国最多となっています。

ただ、県が「警報」を発令した場合は「学習放獣」を一旦やめ、捕獲・駆除を進めます。 また、イノシシやシカなどのわなにかかる、いわゆる「錯誤捕獲」されたクマは放獣することになっていますが、警報発令の際は駆除の対象にするとしています。

 

長野県から。

このニュースは、熊が指定管理鳥獣に入ったことからだと思います。

 

先日書いた記事。

 

「指定管理鳥獣」とは、生態系や人の生活環境、農作物などに被害を与える恐れがあるため、個体数の管理が必要な鳥獣、との意味らしい。現にイノシシやシカは林業・農業などに被害が出ており、先に指定管理鳥獣として「有害鳥獣駆除」の対象になっています。

 

随分前に、猪に山で大腿を噛まれて失血死、との事故がありました。野生でなく飼い犬でも人を噛む事件は起きていますし、人間でさえ他者を殺傷することはあり、絶対に安全と言い切れる動物は居ないでしょう。

 

熊に関しては、個人的感想では、報道が過熱し過ぎと思っています。「危険」「不安」をネタにすると、数字が取れるらしいですから、仕方ないのですけどね。

 

事故が起きた際、他の何かと比べて、どの程度危険なのか? その辺を飛ばして危ない部分を強調するのは、誤解の元です。

これは他でも言えること。「新型のウイルスが現れた」であれば、他と比較してどの程度の危険性があり、あるいは致死性か高いのかとか。そうした知識がない人が殆どなわけで(私も)、「よく分からないから怖い」とのイメージを先行させても、不安とストレスが増えるだけです。

私自身、熊には毎年何度も出会っています。

先に書いたように、熊が安全とは私は考えていませんが、物凄く危険な生物だとも感じません。気を付けることは必要ですけど、程度問題かなと。

走ってる車を見て「怖い」とは殆どの人は言わないですね。ところが歩行者が毎年、何百人も撥ねられて亡くなっているのです。歩行者事故の発生率で言えば、熊の数百倍です、死亡数も。

野生獣は基本は大人しくて、日常的に人を襲うものではないです。車も同じで、と言ったら語弊がありそうで、あくまで例え話と思って頂きたいですが。

 

私自身の意見としては、熊による人的被害が多発するようなら、指定管理獣として駆除は止む無し、しかし指定管理だからドンドン捕殺すべしというのはやり過ぎだろう、と言った所です。

 

アマゴ起こしの水出

待望の増水。この出水で、寝ていた?渓魚たちが動き出しました。

早春の大雨は「アマゴ起こし」とも言われていますね。

 

まだ痩せてますけど、魚体のサビを落としたアマゴが流れに入っていました。魚たちは活発に採餌し始めた様子。

 

淵やトロ場付近に魚達が居て、元気な個体から流れの効いた場所に出てくる、そんな感じ。深みの絡んだポイントで、流れを細かく探ると、良い場所では一ヵ所で数が出ます。

その魚達が散らばり、瀬に着くようになれば、いよいよ渓流は春本番

 

昨秋に成熟したメスも、魚体が回復傾向。腹が膨らんでますから、増水の中で沢山食べてるのでしょう。

まだ冬色を残してますが、反応の出方が冬から春に変わりつつ、でした。やはり増水で一気に季節が進みましたね。ここまでの完全冬型の反応とは感触が違う。

 

どの流れで、どんな魚体が出てくるか。ここは私は注視してます。

増水直後は案外、冬は魚の反応が良くない時もあります。水勢が落ち着く頃、今まで何処に居たかと言うくらいに、連続釣果も出て。そんな日に当たるとラッキー。

 

どんなポイントが早春の増水時に魚の反応があるか。

その中で、自分が狙ってる魚は何処に居るか。

大きくはポイントの構えになりますし、小さくはどの流れの筋かと言うような、細かな観察。魚の反応が多い時は、考察のチャンス。

 

このイワナはまだまだ痩せてます。

良い顔付きで、これから更に太く厳つくなってくれそう。

 

こちらはだいぶ回復してますね。増水と相まって、中々良い引きでした。

 

アマゴもイワナも、少し前までと居場所が変わってきました。増水だから当たり前と言えば、そうなんですけども。しかし個体差があって、冬を引いた魚、春めいた魚と、反応が違います。

私の行き先の多くはアマゴ・イワナ両種の混棲域。何処からどちらが出たか、その姿はと、観ることは沢山あります。

 

この個体は尾鰭の欠損が概ね回復してます。傷跡が少なめで、これなら泳ぎ出すのも早いかも知れません。

それにしてもこの、尻鰭の伸び具合と色合いが良い。何度見ても私はこれが好きです。

この魚は私的に意外な流れから出ました。一応打ってみたら「そっちから?」みたいな。こうした予想外が起きるのも楽しいです。

 

落ち込みの周辺は何処も強く白波が立ってます。これで水棲昆虫が流れ、魚たちがそれを食べて体力を回復する。

 

雨後には、冷え込みが入るのが冬のパターン。

今後暫くは冬の釣りを意識しつつ、動き始めた魚たちに合わせた春の釣りをしていきます。

この増水で、渓流の春が近付きました。

 

南風の雨で増水

先回の釣行記事で、「渇水が酷い」と書きました。

雨降って欲しいところでしたが、今回は大雨増水により、撤収することに。何でこうも極端なんだろう?

とは言え、今回は南風の暖かい雨。魚達の動きが変わる出水です。

 

朝から降雨でしたが、気象予報通りなら、午前中は釣りが出来そう。

融雪を加えた急な増水を考え、地形を知った渓へ。悪天候の日は無理せず、勝手の分かる場所に行くのが安心ですね。

 

流れの緩むポイントから反応あり。

良い雰囲気の三年魚のオス。私の好きなタイプです。魚体がまだ冬模様ですね。

 

結構強く雨が降り、水が動いています。

落ち葉等が流されてきて、何とも釣り難い。水勢が増し、濁りが入るのは時間の問題だろう、な状況。

 

早春の増水で、淵底に沈んだ葉っぱなどが流されると、そこから一気に渓魚の動きと姿が春っぽくなります。逆に、川苔が古く、落ち葉が川底に溜まってる時はまだ、渓は冬モードですね。

 

雨の日にカナワンのは、写真が綺麗に撮れない事。

レンズは曇るし、ピンボケするし。まずまず良い雰囲気の魚が何尾か居たのですが、ボツ画像が連発・・。

 

これも良い雰囲気のオス。冬色の渓魚には、今時期にしか見られない美しさがあって、私は好きなんですよね。

 

チビッ子アマゴが何尾か釣れ、徐々に流れの効いた方へ狙いをズラしていくと掛かってくれました。そこそこに良型が入ってる流れのヒントは、小アマゴから貰えることは多いものです。

 

冬の増水時の釣りは、流れの緩みを探します。まだ速い流れに出て捕食する渓魚は少ないですからね。

あまり動かない冬の魚も、さすがに増水となれば場所を移動するみたい。ある程度水深のある緩流帯は、狙い目ですね。

 

良いイワナだったけど、この時土砂降りで画像が・・。

 

そうこうするうち、昼過ぎには怪しい水色になりました。

もうこうなると、釣りは止め。後ろ髪引かれますが、仕方なし。

 

でも、まだ出来ることはある。

こんな時は、濁りの入り易い・入り難い場所を見回ります。知っておけば次以降、役立つハズ。

 

初期の渓魚は、淵やトロ場に群れてることが多いです。

その中でもテッパンな、割といつも好反応な場所、水の状況次第な場所、良い感じなのにイマイチな場所と、様々。

ここ数年の初期は、そうした冬渓の観察に時間を充ててきました。狙いは年越しの三年魚。

その甲斐あってか、越年個体には以前よりは出会えるようになったと思います。これを継続して追いつつ、そろそろ冬の次のテーマへ行きたいところ。

 

待望の増水で、渓は春モードに移行しそうです。もう少し、冬渓を追いたい気もしますが、春めいた渓魚も探したい。今年は増水により、冬の釣りは一区切りかと。

 

もう暫くは寒の戻りもありますから、本格の春までは冬と春の釣りを取り混ぜることになります。

 

今回は釣行時間が短かくなってしまいましたが、良い日に当たれば、次回からは春の釣りが出来そうで楽しみです。

高原川漁協から

 

Microsoft Word - 渓流魚の常識.docx (takaharagawa.com)

 

近年の研究により継代養殖魚の放流は必ずしも効果的な渓流魚の増殖方法ではないことが解ってきており、場合によっては野生渓流魚資源に悪い影響を与えることさえあるようです。

当組合では、令和6年の漁業権切替を境にヤマメ・イワナの増殖方針を大きく転換することとし、野生魚による自然産卵の促進に重点を置くこととしています。

それには野生親魚(特に♀)が産卵期に多く生息していることが重要で、行使・遊漁規則にヤマメ・イワナの採捕数制限の規定を導入しました。今回の規則化では上限が20尾と平均的な釣果からすると多いため、親魚保護の大きい効果は期待できないかもしれませんが、渓流魚を本当に増やすための方向として肯定的にとらえていただき遵守をお願いします。また、大型のメス親魚は増殖に大きく寄与しますので、なるべくなら再放流をしてください。

 

いわな20尾 やまめ20尾

 

岐阜県飛騨地区の高原川漁協。

県内では、釣果の尾数制限は初めての試みではなかったかと。

一度に20尾もの渓魚の持ち帰りは、私はもっと少なくても良いと思う派です。ここは色んな意見があるでしょうが、今まで無制限であったと考えたら、随分進んだ話かと感じました。

 

 

このところ、「放流しても魚は増えない」との研究結果が発表されています。

 

 

河川における魚の放流が魚類群集に与える影響を検証。魚のふ化放流は多くの場合で放流対象種を増やす効果はなく、むしろ、その種を含む生物群集を減らすことを明らかにした。

漁業対象種のふ化放流は、国内外に広く普及している。だが、こうした放流では自然界には生じえない規模の大量の稚魚を放つため、生態系のバランスを損ね、魚類群集全体に長期的な悪影響を及ぼす可能性が指摘されていた。今回の研究結果は、持続可能な魚類の資源管理や生物多様性保全に対する放流の効果は限定的であり、生息環境の復元などの別の抜本的対策が求められることを示している。

 

高原川漁協が研究結果をいち早く取り入れたのは、フットワークが軽いと言いますか、とても良い事と思います。

以前に成魚放流を止めたと聞いた時は、個人的には拍手していました。

河川の釣り堀化には正直、私は疑問を感じます。とは言え、漁場管理の形態としては否定も出来ず、釣り客のニーズと漁協の方針の兼ね合いがありますね。変更するのは大変で、管理は難しいのだと想像しています。

 

今後何年後かに高原川で、良い結果が出ることを祈りつつ。

私も実際に竿を出して、釣って、見てみたいと思っています。

 

渇水の渓と冬ならではの光景

 

「氷の芸術」

冬の渓流で出会える、水が創る美しさ。見惚れます。寒いけど(笑)。

渓流釣りは、四季の自然の変化が見られるのが良いですね。

 

河原の石がこんなでは、水と空気の冷たさは如何ばかりか。それはこの時期は仕方無い。

しかし寒さに加え、今年の渓流はめちゃ水が少ないです。山の積雪が浅く、今後の水量が心配・・

ユキシロ期の事は後々として、今はとりあえず雨が降って欲しい。

って、2023年の渓流シーズンにずっと言ってましたけど、新たな年が始まっても、水量の少なさに悩まされるとは。

雨に河原の氷を溶かし、川底の黒い川苔を洗い流し、流量を回復させて貰いたいところです。

 

水たまりみたいなポイントから、反応があってビックリ。

水量は少ないですが、魚たちは採餌してますね。

 

平水を知らないと、魚の居場所を読み違うかもしれません。

水が減って、流れが消えてるポイントが多くなりました。流れのない場所は古い川苔に覆われ、魚が着きそうな気配薄。先回の釣行では、まだここまでの状態ではなかった。

 

増水も渇水も、色々な違いを知るのは大事ですね。今のド渇水で魚の反応を見ておけば、良い水況になった時に、経験が活かされると期待です。

 

やや大き目の淵。

小粒なアマゴを掛けたりバラしたりしていて。

渇水でも割と流速のある、落ち込みからの流れ出し近辺が良い反応でした。今の淵尻は、浅いチャラチャラの水溜まりです。

とにかく水量が少ないので、深みのあるポイントを丁寧に釣ります。暖かくなれば、浅瀬にも魚たちが出てくるでしょう。

 

反応が出るのは超ベタ底。

それでバラシ多し。何でソレでしっかりハリに乗らないの? って愚痴ってしまいます。

それでも時間帯なのか場所なのか、パターンが見付かると、幾らか良い反応を取れるのですね。

 

反応があるだけヨシで、良い感じのポイントでも何も起こらないなんてザラ。魚居ないはず無いのですが、とにかく水量と川苔の状態がよろしくない。こんな時に打つ手が少ないのが課題なんだよな・・。

 

とか何とか、文句言いながらも楽しいのも確か。

暖かい降雨が来れば、状況は好転するかと思います。今は雨待ち、それはおそらく、魚達にとっても、ですね。

 

強い冷え込みと難しい釣り

渓流釣り解禁から、日に日に釣りが難しくなります。

暖かい雨が来れば良いのですが、この時期は降雨が少なく、渓は渇水、川苔はドロドロです。魚たちはまだ動き出した個体はあまりいない。

良いポイントは日々攻められ、魚はスレ気味。水と魚が入れ替わらない上、寒気が入り気温・水温とも低くて、更に魚が動きません。

大体毎年、解禁から二週間くらい過ぎ、雨がないようだと、釣りは厳しい。言うならば今回、「かなり悪条件」です。

以上、言い訳でした(笑)。

それでも釣りに行く馬鹿な自分です。

 

暗いうちに渓に向かうと、降雪中。私、大抵の状況は平気ですが、凍結路面だけは怖くてイヤなんですよ。

気象予報では朝には降り止むとのこと。しかし寒い・・。

 

釣り人が少なそうな小渓を選びました。とは言え、入り易いポイントは叩かれてるでしょうけど。

喰いが渋いだろうと思ったら、案の定。掛かり悪くて、ハズしまくりです。いや、想像の上を行く状況でした。まぁ・・己が下手さがよく分かる・・。

厳しそうと予想しつつ、いざ釣り始める前までは、「何とかなるだろう」「もしかして良い魚が釣れちゃうかも」みたいな、ポジティブな妄想もしてて。その方が寒中の釣りに気合い入れて向かえますからね。

 

小型魚ばかりで、時折混じる20cmクラスが、やけに大きく見えました(笑)。

しかしその小型も、喰い渋りでハズれちゃうのですよ・・

 

魚の動きが良くないので、狙い場を選ばないといけません。

それで反応が小さく、辛い。盛期とはまた違った難しさです。だから面白い。

 

これが今回の最長のアマゴ。

昨秋に産卵したメスですね。朱点から、稚魚放流の個体のようです。尾ビレが擦り切れ、尻ビレが伸びてます。

 

こうした冬の渓も、この時期の魚も、そして釣りも、やはり私は好きなんですね。

寒いですが、何とか魚の反応を取ろうと集中し、それで魚が応えてくれた時は、とても楽しい。

 

それにしてもこの光景。

冬渓らしく、美しい。釣りばかりしてないで、周囲を見ないと勿体無いですね。

私は釣りでなければ、足を踏み入れません。寒いから(笑)。

 

昨秋に成熟したオス。初期ならではの、季節感を纏ってます。

成熟体は早春、メスは痩せてますが、それに比してオスは良い体躯をしてますね。

 

クワガタ探しに行って、出会えると嬉しいのは、メスよりオス、更にはイカつい大物なら、尚嬉しい。ちょっと例えが違いますが、この感覚に似てるかもしれないです。

オスアマゴの尖った顔は、小さくても格好良い。

 

寒中で楽しませてくれる、渓魚達と自然に感謝です。

 

熊が「指定管理鳥獣」に

 

獣保護法に基づく指定管理鳥獣は現在、ニホンジカとイノシシが対象。捕獲計画を定めた都道府県は、わなによる捕獲や夜間銃猟などが可能となり、費用の一部は国が負担する。方針案によると、クマを対象に追加するエリアは北海道と本州とし、絶滅の恐れがある四国や生息していない九州・沖縄は外す。

 

こんなニュースが。

2023年に、熊の事故が多かったことを受けて、らしいですね。人的被害が多かった、東北や北海道地区から要請が出されたそうです。

 

記事に上げておいて何ですが、私はこのニュースの全体像がイマイチ把握できていません。

狩猟に絡むことになってくると思うのですが、あの世界は管理する法律がややこしくて、従事しない私では分からないことが多いのですよね。今回の熊の「指定管理鳥獣」とは、具体的に何をどうする事なのか、または他の鳥獣との違いとか、明確に分かる人は少ないのではないかな?

今までは猪と鹿が指定管理鳥獣だったところに、熊が加わって、何か被害が起きた際の対応がし易くなる。今後は熊をバンバン捕ります、って意味ではないらしい。

私なりに少し理解したのは。

例えば、罠猟で猪を捕ろうとしたら、熊が掛かってしまった。の場合は、基本は放すのですが、実際には殺処分になることが多々あり。

この際に各所から従事者や役場に凄いクレームが入っていて、これに苦慮する関係者が要望した、といった所があるかと。

 

本来は放獣するはずの熊でも、実際には難しいですからね。

それが里山での有害鳥獣駆除の罠にかかった個体なら、野生獣に来てほしくない所まで来ている熊なわけで、殺処分は止む無しなところはあると思うわけです。

これを「殺すな」とクレーム入れる人の気持ちは分からなくはないですが、何故そこで野生獣の捕獲が行われるか、その理由を立場を変えて考えてみて欲しいかな。家の近所や仕事場(農地など)に野生獣の被害が出てるとなれば、現場の人には死活問題ですからね。

 

少子化・過疎化で、人が山間から後退している昨今、人間のナワバリだった場所に棲みつく獣は増加傾向と言われます。しかし山暮らしをする人達の生活はまだまだ営まれています。

完全な線引きは無理でも、実害のある野生獣は相応に対処しないといけない。

その為の法整備の一環が、今回のニュースかと思いました。

 

・・・・・・・・

 

追記